カラダの疲労をマネジメントして回復を早くする方法

カラダのマネジメントっていうと、
なんだか難しく感じるかもしれませんが、

カラダの疲れを管理して、
いい状態をキープする方法です。

なんでこんな事が必要かっていうと、

仕事や、家事で、疲れたカラダにムチ打って、
頑張っているけど、

ナカナカ身が入らないって事があると思います。

モチベーションとは、また別で、やる気はあるけど・・・

みたいな状態ですね。

thoughts-139620_640

僕の過去の生活は、
毎日毎日、仕事で疲れて帰ってから、
家の事をして寝る。

大したことをしていない毎日でしたが、
疲れは、ナカナカとれなくて、休みの日に、
でかけても余計に疲れるだけだと、

家にこもってダラダラしていましたwww

今思えば、疲労をマネジメント出来ていれば、
もっとアクティブに活動できたのではないか?

今の僕のように、疲労をマネジメントできれば、
仕事に疲れてから、副業やダイエットに頑張って、
取り組んでいる人に役に立てるのではないかということで、

『カラダの疲労をマネジメントして回復を早くする方法』

をご紹介します。

疲労度と作業効率

bsWEB86_endouhyahha-20150207110512

当たり前の事なんですが、
疲労していれば、しているほど、
作業効率や作業の質が落ちていきます。

つまり、出来る限り疲れていない状態を、
キープすることが大事
なんです。

どういう事かというと、
疲れを数値化して100がマックスで表したします。

疲れを2回復するには、深呼吸を5回する。
疲れを5回復するには、目を閉じてカラダを楽にする。
疲れを5回復するには、カラダを動かしてリラックスする。
疲れを10回復するには、美味しい食事をとる。
疲れを15回復するには、睡眠をとる

などあったとしたら、
どれだけ回復する行動をとっているかということです。

1日の仕事での疲労は、50だと仮定すると、

昼休みで、ゴハンを食べたりして15回復したとしても、
35も疲れが残って会社を後にします。

電車に揺られて、さらに疲労して家に帰ってきます。

この状態で、仕事終わりに取り組んでいた副業やダイエットなど、
に取り組むとなると、大変ですし効率も落ちてしまいます。

すると結果が出るのが遅くなり、
モチベーションも下がっていく。

悪循環ですね。

ですから、理想は仕事の合間、合間に、
少しずつ回復して疲れを10~20に
抑えていればいいわけです。

その為には、
少しでも回復する方法を身につける事と、
あなた自身で、疲れを感じるタイミングを知る必要があります。

疲れを感じるタイミングを知る

brain-770044_640

まずは、こちらの記事をご覧ください。

疲労のマネジメントのために行なっているのが
『カラダ手帳』をつけることです。

どれくらい寝たか、食欲はあるか、排便は順調か……など、
体調をデータベース化します。

自分だけが理解できればいいので、
○や×など記号で手帳に書き込むだけです。

 ビジネスのサイクルにもよりますが、
1~2カ月間記入を続けると、
体調のパターンが“見える化”できてきます。

そこから自分なりの解決策を考えます」

 『カラダ手帳』のコツは、
仕事で使うスケジュール帳に書き込むこと。
コンディションの把握と同時に仕事を調整するためだ。
出典:http://shuchi.php.co.jp/article/2131

疲労診断はこちらが早くてわかりやすいです。
https://www.selfdoctor.net/check/2002_01/form.html

仕事で疲れる順番をつけると上位にくるのは、
嫌な上司との会話だったり、
会議で発言しなくてはいけない時、
得意先でプレゼンするとき、

接客だったら、
クレーマーとのやりとりとか、

仕事の内容で変わってきますが、
対人関係で大きく疲労するケースが多いと思います。

このように、あなたが疲労するタイミングを
知ることで、回復する行動を前後にもってくれば、

疲労しすぎないで、次に進めますね。

疲労が少ない状態をキープすれば、
気持ちもポジティブになり作業も捗ります。

逆に疲労が溜まった状態は、
気持ちがネガティブな方向になりがちなので、
やる気が起きず、何かに取り組もうと思っても、
前に進まない事があります。

誰だって思い当たる事だと思うんですが、

疲れた状態で家に帰ったら、
何もやる気が起きなくて、
必要最低限の、食べる。風呂にはいる。寝る。

しか、しないって事になります。

この状態が続くと、仕事終わりに取り組んでいた副業やダイエットなども、
やらなくなってしまう可能性が高まります。

回復する方法を身につける

gahag-0104210966-1

疲労を大きく回復しようと思ったら、
やはり、睡眠です。

しかし、睡眠は1日の時間の3分の1も使用してしまいます。

短時間で回復できる方法があればいいのですが、
身近に、『短時間で、疲労を大きく回復する方法はない』

といういことに多くの人は気がついていないんです。

これは、個人差があると思うので、
あなたにあった方法は、自身でみつけるしかありません。

参考になるかわかりませんが、
僕がやっている回復方法をご紹介します。

5分で出来る回復方法

・目を閉じて、音楽を聞く
・目薬をさして、ぼ~と何も考えない。
・立ち上がってカラダを動かしたり伸ばす。
・大切な人の写真を見る(家族)
・美味しそうな食べ物の画像を見る。

10分で出来る回復方法

・瞑想アプリで瞑想する。
・気の合う人と話す。
・軽くジョギングする

こんな感じです。
どれだけ小さな回復でもいいので、
いろいろ試して、自分のものにして、
大きく疲れないようにする。

つまり、エネルギーが余った状態をキープする為に、
エネルギーをマネジメントしていきましょうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

こちらも参考にして、
集中出来る状態を作れば、
作業効率は、格段にアップします。
集中力を高めれたオススメ実践結果を5つご紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました