キーワードが重要って言うけど、キーワードの役割は何?

こんにちは、タコ3です^^

今では、何かを買うとなったら、
お店に行くのではなく、インターネットを使って、
どこで買えば安くてお得なのか?といった、商品の価格や
商品の口コミなど、いろんな情報が入手することが可能です。

それでは、その情報をインターネットで、
入手する時に、検索ツールに検索ワードを打ち込みます。

これは、顧客側つまり、仕掛けられる側の動きですね。
では、仕掛ける側つまり、ブログ運営者は、
この流れを踏まえて、どういった動きをすれば良いのか?

この仕掛る側の動きで、大事なキーワードについて、
解説していきます。

どうしてこんな事を話そうと思ったのかというと、
それは、メルマガ読者さんや、
僕から商品を購入していただいた方から、

多く質問いただくのが、キーワードについてです。

 

「キーワード選定はこうやって行えば・・・」

って教えても、いまいちわかっていない様子!
キーワード選定できるようになってる人でもです。

キーワードってそもそも何よ?
って感じのようです。

 

キーワードってそもそも何?

119

キーワードというのは、

検索窓に打ち込むワードです。

僕が息子のおもちゃを
探す時に打ち込むワードは、

「9ヶ月 お風呂 おもちゃ」

こんな感じになり、
検索をかけるとこのような結果になります。

WS000039

9ヶ月=赤ちゃん
と認識されたようで、

検索されたサイトのタイトルをよくみると、
「9ヶ月(赤ちゃん)お風呂 おもちゃ」
のワードが含まれています。

 

検索する人が検索する時に使うワードが、
キーワードとなります。

このキーワードを元に、グーグルは、
適切なサイトを選び出し、検索結果を順番に表示しているんです。

 

キーワード選定する理由

gahag-0071372087

誰もが思いつきそうなワードは、強豪が多くて、
個人レベルでは太刀打ちできません。

例えば、ダイエットに、
関するブログを作って集客して、
ダイエットに関する商品を売っていきたい。

 

と考えた時に、

 

ダイエットというワードは、
大手が強すぎて入り込めません。

 
ですから、ダイエットに関連していて、
勝てるワードを選び出さなないといけないのです。

 

つまり、キーワード選定が必要ということです。

 

「ダイエット」では、勝てなくても、
「デスクワーク 脚痩せ」
という小さい枠なら勝てるかもしれません。

 
ダイエットという総合的な枠では、勝てなくても、
ターゲットを狭めていくことで、小さな枠。

つまり、専門的なブログになるので、
検索エンジンは、専門的なブログのほうが、
検索している人にとって有益な情報が得られると、

考えて、検索結果を上位に表示します。

 

それに、デスクワークでむくんだ足を細く痩せたいという、
ターゲットがブログにやって来るのですから、
そういった商品をおすすめすれば、売れるわけです。
 

この商品なら、こういった顧客にも売れる筈と、
ドンドン広げていくのではなく、

顧客を限定して、その顧客が知りたい情報を
とことん掲載したブログを作れば、商品は売れていくんです。

 

ターゲットは、絞れば絞るほど、
キーワードも出てきます。

ターゲットを明確にする方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました