ターゲットは明確に、絞らなくていけない。友達=男女?女女?

gahag-0049030998-1

こんにちは、タコ3です^^

僕は、ネットだけでなく、リアルの世界でも、
活動しているんですが、

先日、取引先と打ち合わせをしていた時の話なんですが。

ターゲットが定まっていなくて、
もっと細かくわかりやすく、情報を伝えましょう。
って事を担当者さんと話していたんです。

僕が引っかかったのが、

友達という定義についてです。

 

友達=男女?女女?

そのイベントは結婚式に絡んだものなんで、
一般的に考えたらカップルで、
参加するものなんですよ。

ですから、僕は友達では、
男女の友達と思われてしまいますよ。

 
と、忠告したんです。

 

すると、担当者さんは
「いや~~わかるでしょ。」
っていうんです。

確かに、担当者さんの言い分もわかります。

 

そんなに細かい説明がいりますか???
って事なんですが、いりますよね。

一般的に男女で参加すると認識されているものですから、
もちろん女友達で参加していいとは思わないわけです。
むしろ、親子でもいいじゃないですか?

って事で、女性同士、親子での参加もお待ちしております。

と改善されたんです。

 

ターゲットは明確に、絞らなくていけない。

gahag-0112035997

何がいいたいかというと、
ターゲットがしっかり定まっていないから、
あやふやな表現の友達となっていたんです。

しかし、ターゲットを女性と定めて、
女性に参加してもらいたいとなったから、
女性同士、親子など、具体的な表現ができたんです。

 


ターゲットは明確に、絞らなくていけない。

 

これは、アフィリエイトでも同じことがいえます。
ターゲットは、絞れば絞るほど売れやすいです。

 
理由は、顧客が欲しいと思っていた情報が、
ドンピシャで、用意できるからです。

多くの人に受ける情報というのは、
ネットで調べればほとんど手に入ります。

 
しかし、マニアックな情報は、
調べるのに苦労します。

そんなマニアックな情報がまとまった、
マニアックな顧客が求めているブログを用意できれば、

マニアックな顧客は、そのブログを信頼し、
そのブログがオススメしているものは、
自分が欲しているものだと思うようになります。

マニアックな情報のブログというのは、
アクセスが少ないかもしれません。

 

しかし、ディープな悩みや欲求をもった顧客が、
アクセスしてくるので、
商品が売れる確率が非常に高いです。

アクセスを集めるのではなく、
ディープな悩みや欲求をもった顧客を、
集めるほうがいいんです。

gahag-0089564585-1

例えば、世間では薄毛といえば、
育毛剤を思い浮かべると思います。

 
しかし、育毛剤は高額ですし、
どこか抵抗がある。頑張ってる感がある。

って考えているブログ作成者は、
シャンプーのみで薄毛を改善しようと考えた。

同じように育毛剤を使いたくないという人は、
ブログ運営者にとても共感しますね。

 
こういった人に向けて情報を発信していくブログは、
独自路線をいっていて、遠回りのような気がしますが、

マニアックな顧客は、共感していますから、
記事の更新を心待ちにするでしょうね。

「次はどんな情報を教えてくれるんだ?」
シャンプーの仕方かな?
新しく試したシャンプーかな?
ドライヤーの使い方かな?
薄毛でもイケてる髪型を教えてくれるのか?

 
と、期待している状態の顧客を作り出せれば、
このシャンプーが今まで使った中で一番オススメと、
教えられたら、買っちゃいますよね。

こういったケースのように、顧客と信頼関係を築けるような、
ブログを作れるようになるのが理想です。

ターゲットを絞ればいいということで解説しましたが、
具体的にどのようにして絞ればいいのか?

ターゲットの絞り方とキーワード選定の重要性はこちら

【0⇒1を目指す初心者講座】 top23 0514
サブコンテンツ

このページの先頭へ