ブログテーマの決め方!これ間違うと収益化が激むず

ブログアフィリエイトではブログテーマが大事だとお伝えしました。

ブログテーマはどのようにして決めるのか?
Twitterでもブログでもなんでもそうですが、
初心者はよくテーマを決めるのに迷います。

 

 

 

テーマはどこまで絞れば良いのか?絞るほどいい理由は?

 

テーマは出来るだけ絞ったほうがいいです。

例えば、美容というテーマだったら、

  • 美白の専門ブログなのか?
  • 美顔器に特化したブログなのか?
  • ニキビに特化したブログなのか?
  • ニキビケアの〇〇という商品に特化したブログなのか?

読み手の印象も変わりますよね。

 

ブログ全体のテーマにするのもいいし、雑記ブログの1つのカテゴリーのテーマでもいいです。

テーマ=1つの記事群と考えてもらうとイメージしやすいでしょうか?

 

大きいテーマから絞り込む場合は、

美容
↓↓↓
美顔
↓↓↓
美白、ニキビケア、エステ、メイク

など細かくできますね。

このように、大きいテーマから徐々に絞っていく方法もあります。

 

しかし、ブログ記事を書き進めていった時に、紹介する商品がなかったら、収益化ができなくなります。

ブログでの情報発信をボランティアと捉えているなら、問題ないのですが、稼ぐためなら収益化つまりキャッシュポイントを用意する必要があります。

 

  • アフィリエイトで紹介する商品
  • あなたのオリジナル商品
  • アドセンスなどのクリック広告

 

収益化のどっちの広告がオススメなのかは、こちらの記事を確認してください。

クリック報酬型広告と成果報酬型広告はどっちがオススメ

 

テーマを絞った時のデメリットとメリットは

テーマを絞った方が良いといいましたが、もちろんデメリットもメリットもあります。

 

  • 取れるアクセス数に限界がある。
  • ネタ切れが起こりやすい。
  • テーマの人気がなくなったら終わり。

絞れば絞るほど、書く内容も読みての絶対数も制限されますから、ネタ切れを起こしやすく、アクセスにも限界があります。

なので、先に学んでどれぐらい書けるのか?、テーマの人気はどれぐらいあるのか調べておく必要があります。

※新規記事が書きにくくなってきたら、既存の記事をリライトでブラッシュアップする。

 

テーマによってはブームがあります。このブームつまり人気がある状態がキープできればいいですが、テーマ自体が廃れて誰も見向きもしなくなる事もあります。

 

こうなってしまったら、アクセスは激減しどうすることもできなくなります。

 

  • SEO的に有利
  • 読み手の満足度が高くなる
  • ブログのブランド化ができる(ファン化)
テーマを絞ることにより、独自性、専門性が高まりますから、読み手の満足度がたかくなり、ブログ内の回遊率もあがるので、SEO的に有利にはたらきます。
ブログを気に入る方も中には出てきます。
つまりブログのブランド化が起こる可能性を秘めています。

テーマの決め方

 

テーマは、どういった方に読んで欲しいかを考える事でわかります。

このブログでしたら、『ブログで稼ぎたい方』『社会で息苦しいと感じている方』に読んでもらいたいと考えて作られています。

 

あなたが今からテーマを決める場合はどうすれば良いのか?具体的に解説します。

例えば、美容に興味があるので、美容をテーマにしようと考えたとします。

テーマが美容となると、書く事がありすぎて迷ってしまいます。

書くことが迷うということは、何を紹介していいのかわからなくなります。

なので、ある程度テーマは絞り込む必要があります。

 

この時に意識するのが、読んでほしい方=ターゲット

  • ターゲットが決まったら、ターゲットはどんな事で悩んでいるのでしょうか?
  • 悩みを解決するには、どんなものがほしいのでしょうか?
  • 悩みを解決するには、どんな情報がしりたいのでしょうか?

など、考えることによって読み手に寄り添ったブログテーマが決まってきます。

オススメのテーマの決め方は、先に出口を決める方法

先に出口となる商品を決めてから、ブログのテーマを決める。

 

売りたい商品を決めることによって、商品を欲しい人=ターゲットが先に決まる。

 

ターゲットが決まれば、ターゲットが悩んでいることがメインテーマになりますから、ブログの内容がブレることを防いでくれます。

 

  • 売りたい商品を欲しい人は、どんな雑誌を読んでいるのか?
  • 売りたい商品あるいは類似商品が掲載されている雑誌は?
  • 売りたい商品が掲載されている雑誌ではどんな言葉が使われているのか?

このように雑誌からもヒントを得ることができます。

 

 

 

テーマは、具体的になればなるほど、訪問者は減りますが、訪問者にとってコアな情報を提供できるので、読み手の満足度はかなり高くなります。

 

満足感が高いほど、信頼される事にもファンになることにもつながりますし、SEO対策としても有効です。

なぜなら、ほかの記事も読んでもらえる可能性が高まるからです。

 

信頼度が上がった状態で、商品をおすすめされれば、オススメした商品が購入されやすくなる。

 

ということに繋がります。

 

少し、話しが脱線しましたが、テーマを売る商品から逆算して決めることにより、収益があがりやすいターゲットに寄り添う記事をブレることなく書くことができるようになります。

アクセス数はすくなるかもしれませんが、その分訪問者が必要としている情報をピンポイントで網羅し提供することができます。

 

ブログ内の回遊率も高くなり、SEO的にも優位に働きます。

 

商品の販売ページには、商品を欲しがっている方の悩みなども書かれていますので、記事ネタの宝庫と言えます。

 

スタートでネタに困るということが起こりにくいのもメリットです。

 

以下の方法で以前は、売れやすい商品を検証できましたが、現在はPPC広告の審査が厳しくなった為、使えなくなりました。

 

出口を先に決めようにも、どんなものが売れるのかわからない。

あなたはそう考えます。

ASPにはランキングがだいたいありますので、
ランキングを頼りに決めてもいいと思います。

こういった方法もあります。※現在は、PPC広告の審査が厳しくなったので、この方法は使えなくなりました。
広告を使ってテストする方法です。僕はテストする方をおすすめしています。ランキングを頼ってもいいのですが、ランキングはどういった方法で
売れているのかまでは、わかりません。なので、サイトアフィリエイトでどの程度売れるのか基準にしにくいです。テストする方法では、売れるキーワードもわかりますので、かなりオススメです。テスト方法は、PPCアフィリエイトをして、成果がでるのかテストするんです。僕は、こういった理由からPPCアフィリエイトを学んで、サイトアフィリエイトにチャレンジする方法をおすすめしています。PPCアフィリエイトは、広告費がかかってしまいますから、嫌がる方も多いのですが・・・

 

ブログテーマの決め方!これ間違うと収益化が激むず。まとめ

 

ブログのテーマは絞るほど、良いって言うのはなんとなく聞いたことがあったけど、どうやって決めたら良いのかわからない。

 

こういった悩みを解決するために、出口から逆算して決めていく。

この方法が最適である。とおすすめしました。

そもそも売りたい商品がわからないといった悩みが生まれてきたかもしれませんね。

 

売りたい商品は、自分の強みや興味関心が強いものから選ぶ方が良いです。

自分の強みや興味関心が強いものは、比較的、情熱が強いものになりますから、心がこもった読み手に刺さりやすい記事が書きやすいです。

 

読み手の満足度が高まる要因になりますね。

 

では、真逆の『自分の強みでもない。興味関心もないもの』で収益を上げる事は可能なのか?

それについてはこちらで解説しています。

⇒全く興味も、知識もないジャンルで収益を上げるにはどうしたらいい?

 

 

自分の強みや興味関心が強いものは何なのか?どのようにして見つければ良いのか?

 

こちらで自分の強みや興味関心が強いものを見つける方法を解説しています。

※編集中

 

 

 

最新情報をチェックしよう!