間違ったSEOライティングで損してるかも。

SEO対策と聞くと、頭を抱えたくなるほど難解ですね。
しかも、時代とともにSEO対策もドンドン変わってきました。

 
それは文章にも影響しています。

 

正しいSEOライティングとは、キーワードを乱立させた文章ではなく、
狙ったキーワードで検索したユーザーの傾向に合わせたコンテンツを提供しているものです。

 
ここでは、『キーワードが多ければ良い』って、
もんじゃないって事をわかってもらったら大丈夫です。

 

 

こんにちはタコ3です^^

今回は、一昔前のSEOライティングを信じてるが為に、
損してる人が多くいるので、

正しいSEOライティングを説明します。

 

 

損してる?間違ったSEOライティング

 
人工知能の発達が検索結果にも大きな役割を果たすようになってます。

 

これは、さっきも言ったように、
一昔前の小手先のSEOライティングでは、
検索上位に上がることは難しく、

 

むしろスパムと見なされ、
検索結果を下げられる事もあります。

 

キーワードを適度に使うのは良いことなのですが、
キーワードを意識しすぎて必要以上に使うのは、

 
文章として成立してても、
不自然だったら、ダメということです。

 

現在のSEOライティングは、
検索上位に上がっているサイトから、

 
そのキーワードに対してどういった答えを求めているのかを判断して検索結果を決めているようです。

※詳細部分は、グーグルが公開していないので憶測です。

 

 

正しいSEOライティング

 
例えば、バレンタインとキーワードで検索上位にあげたい場合、
どんな文章を書けば良いと思いますか?

 

少し考えて下さい。

 

 

 

 

 

もう少し考えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが考えたものどんなものでしたか?
以下の様なものではなかったですか?

 

バレンタインとは?
バレンタインが日本に根づいた理由。
バレンタインは男性から女性にあげる?

 

こんな感じで、バレンタインに関する情報を書いていくのでないでしょうか?

 

バレンタインに関しては、間違いといえます。
どういう事かというと、『バレンタイン』と検索して下さい。

『バレンタイン』

 

検索結果には、

・チョコの作り方
・チョコの通販
・プレゼント

などが検索上位に入っています。

 

つまり、グーグルはバレンタインと検索するユーザーは、
バレンタインにチョコを渡そうと考えている人だろうと、
考えて検索結果を表示させています。

 

ですから、チョコのレシピ、チョコの販売店が、
検索上位に表示されているということです。

 

バレンタインで検索上位にいきたければ、
これらを網羅した記事を書けば良いわけです。

 

例えば、チョコのレシピを紹介して、
記事の最後に『作るのが間に合わない!』

とか、作るのが大変そうと感じたら、
人気ショップで通販もありですね。

 

人気のショップは・・・とショップを紹介できます。
それがアフィリエイト出来るものなら、

そこから報酬が発生します。

 

 

まとめ

 
SEOライティングは、キーワードを過度に使うと、
スパム行為と判断され、検索順位を落とす事がある。

 

検索順位を決める人工知能が発達したので、
キーワードに関する情報よりも、

ユーザーがキーワードから欲しい情報を判断して
上位に表示するように変化しているので、
検索結果を元に傾向を分析する必要がある。

 

意外と知られていない事実です。

 

今回のように説明されれば、
そういえばそうなってる。

と思ったかもしれません。

 

それぐらい、微妙に変化しているんです。

 

つまり、ライバルはこの事実に気がついていない可能性があります。

 

しっかり検索結果を分析して、正しいSEOライティングで、
検索上位を獲得して安定した稼ぎを手に入れて下さい!

 

次はこちら
【事例紹介】WEBライティングに必要な『USP』とは?

【0⇒1を目指す初心者講座】 top23 0514
サブコンテンツ

このページの先頭へ