ライティング速度を上げてブログ記事を早く書くコツ5選

ブログ記事ってなかなか早くかけない。
もっと早くかけるようになれば、

  • 1日1記事がやっとだったけど数記事かけるようになる
  • 時間が少なくても書き上げる事ができる
  • ライターだったら、納品がはやいというだけで、神となり注文が殺到する
  • ブロガーだったら、稼ぐまでのスピードが早くなる!
    更新頻度が高い方がアクセスが伸びやすいからです。

良いことばかりですね。

僕が会社員をしながら毎日2記事投稿していたときの方法をご紹介します。

いきなり本文を書かない

どこから書けばいいかわからない場合、多くの人は本文から書いてしまいます。

本文を先に書く理由として、
本文から書いたら、タイトルも決めやすいし内容も固まりやすい。

なんて声が聞こえてきそうですが間違いです。

なぜかというと、こういった事が起こりやすくなります。

  • 誰に向けてのメッセージなのか?
  • 方向性がわからなくなる。
  • 途中で迷子になる。
  • つまり、途中で投げ出してしまう。という最悪のケースになります。

    これを防ぐために、意識しておかなければいけないのが、プレゼントを渡す。という事です。

    プレゼント??

    と、あなたのあたまにはてな?が浮かんだかもしれませんが、

    この記事でいうと、あなたに対して記事を書くスピードを速くする方法をプレゼントしています。

    記事を速く書きたい。

    というあなたの悩みを解決するためになります。

    そのためには、どういった内容を、どういった順番で・・・

    という感じで、構成を考えたり準備したりしないといけません。

    プレゼントを渡す相手の事を考える!
    これがとても大事になります。

    それでは準備などを具体的に解説していきます。

     

    シークレットモードを使う

    記事を書くまでに、準備としてリサーチを先に行います。
    情報を先に調べ尽くしておくと、

    記事を書いている途中で、足りない情報が出た時に、
    また検索して調べるなんてことになり、
    ライティングに集中できない状態になります。

    なので、先にリサーチを徹底します。

    この時にChromeのシークレットモードで行う。

    検索結果というのは、自分の検索傾向から検索結果が変わったり、
    あなたに興味のある広告が表示されたりと誘惑も多いです。

    これらを防ぐために、シークレットモードで検索をします。

    キーワードで検索した、上位10記事の重要なポイントをメモしておきます。

    なぜ上位の10記事かというと、グーグルは上位に選んぶ記事の傾向や、記事の内容を知る事が大事で、検索上位になるポイントが凝縮されている。と考えられるからです。

     

    アウトラインを作ろう

    アウトラインを作るというと難しく聞こえますが、全体のバランスを先に決めておくことです。

    僕がやっているのは、見出しごとのポイントや文字数ザックリ決める。
    ポイントや、文字数を決めておくと余計な事を書こうとしなくなるんですよ。

    無駄がなくなるんで速くなります。

    ポイントが定まってないと、
    あれもこれも入れようってなってしまう。

    今回だったら、記事の速さなのに、
    タイトルの決め方は・・・

    とかね。

    記事の全てを書かないといけない。
    って途中から考えが変わったりブレたりする。

    そういうのを防ぐためにもポイントを決める。

    この見出しは記事の中でも重要だから、記事全体で2000文字だったら600文字、冒頭部分が300文字、まとめが200文字という感じでザックリ決めていく。

    すると、書きやすく無駄もなくなります。

    文字数が多いほうが良いんでしょ?という意見もあるので、言っておきますが単に文字が多い=いい記事という判断をグーグルはしません。

    元に、僕が1位をとった記事で500文字、動画2分の記事があります。

    2位の記事は3000文字ぐらいで画像も丁寧に使っていました。

    どれだけ要点をとらえわかりやすくしているか?
    内容が充実している方が良いと判断されるケースもあるということです。

    つまり文字数が多ければいいというわけではなく、
    内容がしっかり伝わるかがポイントになります。

     

    作業時間を決めて取り組む

    時間が経つと集中力が薄れてきてダラダラしてしまいます。
    作業中にいつの間にか、ネットサーフィンや、メールチェックしてる。

    そんな経験があるのではないでしょうか?

    なので、作業時間を決めてその時間はライティングに集中する。

    ライティングがはやくなるにはそもそも書いて書いて書きまくるしかありません。

    書くと決めたら集中する。

    精神論だけ言っても仕方ないので、おすすめを٩(ˊᗜˋ*)و

    時間は、25分集中。5分休憩の繰り返しが良いです。

    あの有名なメンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」でも紹介されていました。

    タイマーをなにでするのが良いのかと云うと、
    キッチンタイマーが100均でも売っているのお手軽。

    他には、パソコンのアプリでポモドーロというのがあるので、おすすめ
    イヤホンをしていれば、外に音がもれないのも嬉しいです。

    タイマーとなると頭に最初に思い浮かぶのが、スマホアプリ!
    スマホアプリは、他のアプリの誘惑が多いのでやめておきましょう。

    タイピングの練習

    やっぱり文字を打つのが遅いとそもそも速く書けないですよね。
    ということで、タイピングスピードを上げるコツということで、

    2つ以上のタイピングゲームをするのがおすすめです。

    僕が使ってるのが、寿司打とイータイピング

    どちらもWEB上で起動するのでインストールしなくてもOK

    寿司打は、練習モードの5000円コースでお釣りがもらえるぐらいには頑張ってください。

    イータイピングは、いろんなシチュエーションが選べるので、気分で変えたりあなたにあった文章を選ぶと良いと思います。

    タイピングゲームは表示される文字が偏っていたり、そんな文章つかわないよってものもありますから選べるのは嬉しいですよ。

    ライティング速度を上げてブログ記事を早く書くコツ5選 まとめ

    今回は、記事を書くというテーマでしたが何事もリサーチや準備が大事と言われます。

    セールスレターを書く
    ステップメールを構築する
    ブログを構築する
    商品を設計する

    リサーチや準備がしっかりしていると良いものを作ることができます。

    その理由の一つに集中することが出来るという点が挙げられます。
    集中して作業出来る方が速く良いものができやすく。

    挫折することも脱線することも少ないので、余計な事を考えないで済みます。

    つまり無駄がなくなります。

    僕が無料で教えている無料のこちらの講座もリサーチしてから作りあげました。

    やさしいシステム構築オンライン講座

    リサーチをしっかりすると、誰にどんなプレゼントをどんな方法で贈ればいいのか?
    ということが決まってきます。

    すると集中できるということにも繋がってきます。
    今回のライティング速度を上げてブログ記事を早く書くコツ5選は、他のことにも通じる内容ですので是非活用してください。

    最新情報をチェックしよう!