WPのSEO対策で最低限入れておきたい7つの必須プラグイン

WordPressでブログを運営すると考える1つの理由に
SEO対策に優れているから選ぶという方も多いのではないでしょうか?

という事で、SEO対策に有効で便利な必須プラグインをご紹介します。

 

 
こんにちは、ハイブリッド集客ブログ専門家のタダノです。

 

今回のSEO対策必須プラグインでは、このような効果が期待できます。

・Googleのロボットがブログの中を見てまわりやすいように親切なものにできる
・ページの読み込みを早くする事ができる
・他の記事を読んでもらいやすくしPVを上げる
・検索された時に表示されるタイトルや文章を変更できる。

 
SEO対策はホワイトが前提で話します。

プラグインは、入れすぎるとハッキングされやすくなりますので
あまり入れないほうが良いです。

 
7年前ですが、プラグインの解説動画を上げまくってる方が、
ハッキングされてサイトを閉じた事があったので、プラグインの入れ過ぎは危険です。

 

 

Googleのロボットがブログの中を見てまわりやすいように親切なものにできる

・Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは有効化するだけで設定不要です。

 

検索された時に表示されるタイトルや文章を変更できる。

・All In One SEO

※テーマによっては、All In One SEOの機能が備わっているものもあり、不要のものもあります。

 

検索された時に表示されるタイトルや文章を変更できる。
他にも多機能なプラグインとして有名なものになります。

 
よくある質問に
Google XML SitemapsとAll In One SEOの両方をいれるとエラーがでるのですが、
どちらを優先して残したほうが良いのでしょう。

というものがあります。

 

答えは、両方入れる方が良いです。
ただし、お使いのテーマが多機能でAll In One SEOは不要というものもあります。
(最近の有料テーマは不要が多いようです。)

 
不要でない場合は、両方いれる方が良いです。
All In One SEOの機能は使いこなせば、かなりSEO対策に有効です。

 

エラーの内容は、All In One SEOのXML Sitemap機能が干渉するのでこちらの機能をOFFにして下さい。

OFFにするには、All In One SEOの機能設定にある
XML Sitemap機能をOFFにするだけの簡単な作業です。

 

サイトの更新をお知らせしてくれるもの

(インデックス速度を上げるため)
・WebSub/PubSubHubbub
・WordPress Ping Optimizer

WebSub/PubSubHubbubは有効化するだけで設定不要です。

WordPress Ping Optimizerは、ピング先をコピペする必要があります。

 

サイトの表示速度上げる為に画像に手を加える。

・Imsanity
(アップした際に画像のサイズを自動でリサイズ)

WordPressの
・メディアからアップロード
・記事投稿からアップロード
・その他の方法でアップロード

それぞれサイズを指定できます。

[WP]Imsanityの設定と使い方!250以上の画像をリサイズ

 
僕は、記事投稿からアップロードのみ横幅550に変更しています。

 

・Compress JPEG & PNG images
(アップした画像を圧縮してくれる)
※無料だと1月に圧縮出来る量が制限されます。

 

不要なファイルを削除する。

リビジョンとは、ページの自動保存機能で、どんどんたまります。
ワンタッチで更新前に戻れるので素晴らしい機能なのですが、
たまりすぎるとサーバーへの負担が大きくなりページの表示速度に影響します。

 

Better Delete Revision
このプラグインをオンにして過去のリビジョンを一括削除することが出来ます。

WP[Better Delete Revision]リビジョンを削除して軽くしよう

 

テーマに関連記事を表示する

後は、テーマに関連記事を表示する機能がなければ、
・Milliard Related Page
・WordPress Related Posts

【Milliard】の使い方&設定!任意の場所に関連記事をキレイに表示出来るWPプラグイン

 

まとめ

僕が、サイトを増やしても絶対に入れるというプラグインをご紹介しました。
やはり、プラグインを入れるだけでSEO対策できるということはなく、

あくまで、サイトに訪れたユーザーにストレスを与えないようにする。

そのために、画像を最適化してサイトの表示速度上げる。
更新したらなるべく早く検索結果に反映されるようにする。
検索結果に表示される文章やタイトルを、ユーザーにわかりやすいものに変更する。

ユーザーにとってストレスが少ない良いサイトを作る。

プラグインでするSEO対策はこれにつきます。

最大のSEO対策は、サイトの中身です。
しっかりお役に立てるものにしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!