WP[Better Delete Revision]リビジョンを削除して軽くしよう

こんにちはタコ3です^^

今回は、WordPressプラグイン[Better Delete Revision]リビジョンを削除して軽くしよう!!

という事で、
リビジョンという便利なんだけど溜まり過ぎ注意!?
的なものを削除して軽くする方法!

リビジョンって何だ?
削除して大丈夫なのか?

リビジョンについても解説していきます。

何かわからず削除するのはかなり怖いですね。

 

リビジョンって何だ?削除して大丈夫なのか?

記事の投稿画面で直接記事の作成をしている時に、
いきなりPCが落ちて、作成が最初からスタートなんて事になったら悲劇ですよね。

そうならないように、オートセーブ的な機能がWPにはあります。
これが『リビジョン』(Revision)

リビジョンは、セーブされている地点に戻す事ができる便利機能ですが、
勝手にどんどん作って行くから溜まります。

そして記事が完成したら、戻す必要もないので不要です!

つまり必要ないので削除しても大丈夫です。

 

WPプラグイン[Better Delete Revision]使い方!不要なリビジョンを削除する方法


 

Better Delete Revisionをインストールして有効化します。

WP管理画面の左メニューにある「設定」
すると「Better Delete Revision」 という項目がありますので、

そちらをクリックすると、
WPプラグイン「Better Delete Revision」の管理画面に移動します。

赤枠で「設定」「Better Delete Revision」を囲っています。


 

すると上の画像のように英語がずら~~~~と出てきますので、
削除したいので「Check Revision Posts」をクリックします。

するとリビジョンの一覧が出てきますので下にスクロールしていくと、
「Yes,I would like to delete them!(A Total Of xx)」ボタンが出てくるのでクリック!

お疲れさまでした。これで完了になります☆


 

 

[Better Delete Revision]はデータベースも最適化出来る?

WP管理画面の左メニューにある「設定」
すると「Better Delete Revision」 という項目がありますので、

そちらをクリックすると、
WPプラグイン「Better Delete Revision」の管理画面に移動します。

先ほどクリックしたボタンの横のボタンですね。

ちなみにデータベースを最適化すると、
容量を削減し表示速度を高速化することができますが、

不安に思う場合は、必ずバックアップを取り戻せるようにしておきましょう。

 

WPプラグイン「Better Delete Revision」まとめ

・WPプラグイン「Better Delete Revision」で、

リビジョンというオートセーブ機能で、
溜まりすぎたデータを削除して軽く出来る方法をお伝えしました。

・リビジョンとは、オートセーブした地点まで戻せる便利機能

・リビジョンは溜まっていくので不要なものは削除したほうが良い

という感じですね。

動画も撮ってアップしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました