NO IMAGE

会社員の副業がバレるのはいつ?どれぐらい稼ぐとバレる?

副業は会社にバレずにすることは、よく考えて行わないと難しいです。

副業がバレてしまうタイミングやいくら稼ぐとバレやすくなってくるのか?

どうすれば会社にバレずに副業が出来るのか?

と疑問に思いますよね。

先に結論をいうと会社にバレる多くの理由は住民税です。

副業で少しでも収入を増やしたいと考えている方の参考になればと思います。

会社員の副業がバレるのはいつ?どんなタイミング?

1、会社員の副業がバレるのは、多くの場合は会社に住民税額の通知が届く時ですね。

会社は所得に応じた住民税を毎月の給与から天引きするのですが、副業の所得がプラスされると、住民税額に違和感が出てしまうのです。

住民税の納付額を計算することは容易ですので、経理や総務の方であれば、すぐにわかってしまうでしょう。

2、年末調整の「給与所得者の基礎控除申告書」の提出の時に給与所得や給与所得以外の所得を書かなければいけませんので、その時に副業部分も足して書かなければならないのでバレてしまいます。
※開業届をだし、年末調整とは別に確定申告をする際に、副業の所得分の住民税は自身で払うとすればバレにくいです。

詳しくはこちらの記事を御覧ください。

3、会社で副業の事をしゃべってしまったため、噂になってバレる。

このようなことになってしまわないように副業は慎重にかつ秘密にしておくことがポイントとなってきます。

会社員の副業どれぐらい稼ぐと会社にバレる?回避方法がある?

いくら稼いだから会社に副業がバレるかとなると、確定申告をするレベル(副業の所得が20万円を超える)になります。

ただし副業していることを、他人に話してしまうと簡単にバレてしまいますけどね。

前述しましたように、会社にバレないようにするには、確定申告の時に副業部分の住民税を「給与から天引き」ではなく、「自分で納付」を選択することです。

自分で納付することにより、給与と住民税額が合うようにすればいいのです。

但し、副業の収入を給与としてもらっている場合は「自分で納付」を選択できないので万事休すです。

もう一つ重要なのは誰にも副業のことをしゃべらないということです。

人は他人の収入が増えることを良いと思わない事が多いので、自分の身は自分で守りましょう。

私も副業は家族にも言わずにやっていますからね。

サラリーマンの副業は違法ではないので、会社と話し合って副業を認めてもらえるのが1番いいのですし、副業が可能ならば確定申告も心配なくできます。

残念ながら現状では副業が認められている人は少数派なのが事実です。

まとめ

副業をバレずにするためのポイント等について、まとめさせていただきました。

最近は副業をする人が増えてきており、副業を認める会社もありますが、まだまだ副業は秘密的なところがありますよね。

私も副業をするときは、所得の種類や収入額について、よく考えてからするようにしています。

バレてしまうポイントを注意しておくことによって、少しでもリスクを減らしてください。

上手に収入を増やして、会社にも内緒にできますよう、参考にしていただければと思います。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

個人事業主・税金・役所関係の最新記事8件