アフィリエイトは何業?開業届や、友人に説明する時にどうする


            
アフィリエイトは簡単に言うと広告業であり、一定以上の所得があれば、確定申告の必要があるため、開業届も必要になります。

 
知らない人に説明するのは難しいとは思いますが、商品を自分のメディアで紹介する商売といった感じですね。

 
アフィリエイトを理解していないと、税金面で損をしたり、周りから誤解を招いてしまうなんてことも。

アフィリエイトでの収入を何業として申告すればいいのか悩んでいる人や、どのようにアフィリエイトを説明すればいいのか悩んでいる人の参考になればと思います。

 

アフィリエイトは何業?開業届の時に必要?


 ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€
アフィリエイトは大きな分類では広告業で、細かく分類すると、Webサイト運営業・Web広告業・Webマーケティング業ですね。

 
税務署に開業届を提出する際は、あいまいに自営業などと書くのではなく、具体的な事業名が必要となってくるので、細かい分類で書いた方が、税務署も確認しやすいでしょう。

 
私の知り合いも、副業でライターをやっており、開業の時には、Webライター業と書いて提出していましたよ。

最終的には、空欄で持って行き、税務署で相談してから記入するというのも一つの手段かと思います。

 

アフィリエイトを友人に説明する時どの様に説明すると誤解を招かずわかりやすい?

 ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€
友人にアフィリエイトを説明するなら、企業から提供された商品広告を自分のブログなどで紹介し、売上の成功報酬をもらう仕組みだ、と言うのが分かりやすいのではないでしょうか。

 
商品の広告をしているとだけ、言ってしまうと、「嘘の広告をしているのでは」や「儲けるために誇大な宣伝をしているのでは」と疑われてしまいます。

 
ネットでの商売は、誤解を招きやすいところがありますので、自信をもって説明できるようにしておくことが大事なのです。

最近、報酬を多く稼ぎたいため、虚偽や誇大宣伝が増えてきていると、消費者庁でも、問題となってきているようですので、しっかりとした知識が必要ですね。

 

まとめ


 
アフィリエイトの業種や説明方法などについてまとめさせていただきました。

まだまだ知られていない事業なので、知っている人と知らない人では、全くアフィリエイトに対するイメージが違ってきますよね。

 
アフィリエイトは簡単に稼げるだけに、確定申告はしっかりとしておかないと、無申告で稼いだお金が無くなってしまいます。

 
私も、やってみたい仕事の一つですので、もっと知識を深めてからやってみたいと思っています。

 
アフィリエイトでの申告を考えている方や、正しい内容を把握したいと思っている方のお役に立てればと思います。

最新情報をチェックしよう!

個人事業主・税金・役所関係の最新記事8件